水泳リハビリ

水泳リハビリテーション

厚生労働省健康日本21

水泳リハビリ

厚生労働省「健康日本21」

身体活動の増加がある心身共に病気等になりにくい健康を維持できます。
健康日本21においてもスポーツをすることが健康に欠かせない運動として推奨しています。特に水泳による身体活動は優れた効果が期待できることがあります。自分の目標、目的にあって、爽快感や楽しみながら習慣化することが大事です。

スイムランでは、専門スタッフがレッスンの指導、助言、支援を行います。

水の作用

水泳作用

水の作用

水泳をする場合に外的な影響を物理的に受けやすい特性があります。
身体が物理的作用により水から受ける効果が非常に良いとされています。(1)温熱作用、(2)静水圧作用、(3)浮力作用の3つの物理的な作用が影響します。

温熱作用

プール水からは温熱作用による影響は少ないのですが体温が減少した場合に身体に防御活動がはいるため血流が活発になり血行が促進されるとされています。

浮力作用

水泳では浮力が働きますので身体に大きな負担をかけずに大きなトレーニング効果が期待できます。

静水圧作用

プールに入水すると多少なりとも水圧がかかります。血流やリンパの流れが促進される効果が期待できます。

水泳トレーニング

水泳の効果

水泳の抵抗

水泳は水中や水面で抵抗を受けています。
(1)粘性抵抗、(2)造波抵抗、(3)形状抵抗、(4)渦抵抗の4つの抵抗を受けています、特に粘性抵抗による抵抗が著しく影響をします。

粘性抵抗

水から受ける粘性は陸上の約44倍、密度は約800倍です。粘性抵抗の特徴を活かせば筋力の差を意識せず運動ができるのが水泳です。

泳法に関連した動作

泳法に関連した動作

水による水泳の動作は段階的にアップ

水泳はリハビリから水泳競技まですべてのジャンルにおいて行うことができます。
水の性質、効果、特徴を理解したうえで水泳トレーニングを実施すれば期待する効果が得られますが、とても負荷がかかるため無理をせず段階的にステップアップすることを心がける必要があります。

水中ウォーキング

リハビリ水泳の効果を目的としている場合には水中ウォーキングからはじめることです。単に水中を歩くのではなく、水の特性を考えたトレーニングが必要になります。ゆえに水泳の専門職によるアセスメントが必要になるのです。体力が整ったら徐々にトレーニング内容を見直し段階的にアップすることが負担なく体力がついていくと考えられます。

水泳を楽しむ

マイペース水泳

水泳は楽しみながらマイペースでレッスン

水泳は自分のペースで楽しみながら習得することが大事です。
目的と目標をもって水泳をすることも大事ですが、水泳を楽しみながら進めていくことが習得への近道です。楽しみながらゆっくりと確実に水泳を覚えていくことが心身ともに有意義なことが多いので遊び心をもってトレーニングすることがよいかも知れません。

お申込みフォームメール
水泳指導レッスン
サイドメニュー
スイムラン学習
レッスンまでの流れ
レッスン受講生募集
レッスンエリア
東京都スポーツ福祉協会