高齢者水泳

シニア水泳レッスン

シニアスイミングの特徴

社会福祉士

シニアスイミングの特徴

シニアスイミングは身体にアンバランスな負荷をかけずに全身運動がおこなえるメリットがあり水泳は非常におすすめです。スポーツは健康を維持するうえでで重要な運動ですが水泳は身体に及ぼすマイナスの影響を低減し身体機能の向上があるメリットを多く含んでいます。

スポーツソーシャルワーク(社会福祉士)が水泳活動をおこなうにあたり相談、支援をおこないます。個別的要因、環境要因、身体的要因、社会的要因等を統合して水泳指導のメニューを計画します。

水泳は競技スポーツ、リラクゼーション、リハビリテーション、趣味など様々な目的に応じてシニア向けのレッスンから競技競泳までニーズにあったレッスンを実践します。

水泳の運動効果

スイミングの運動効果

水泳の最大限の効果

水泳は有酸素運動・無酸素運動の両方のトレーニングの要素を兼ね備えています。水の特性を利用して筋力向上させることができ水の効果により脂肪燃焼も期待できるので性別、年齢、スポーツ経験の有無を気にせず自分のペースでトレーニングが可能となります。

基礎代謝アップ

水泳は水圧により身体に負荷がかかります。水圧を利用したトレーニングをするだけでも効果が発揮されやすくなります。陸上では発揮されない水の抵抗に対するためバランスよく全身の筋力を向上させることが期待できます。筋肉量が増加することで基礎代謝量が増加しカロリー消費にもつながります。

カロリー消費率が高い

水の特性を利用すると大きな期待が得られます。水の抵抗と水温によりエネルギーを燃焼する効果が発揮されます。水泳では全身運動により効果的にカロリー消費がおこなわれるため全体的な運動を通して全身の筋肉をアップさせることも期待できます。

浮力を活かした運動

水の特性である浮力の影響を受けながら水泳はトレーニングができます。陸上で同程度のトレーニングをする場合に比べて身体への負担が減り足腰を痛めることが少なくなるが、筋力への負荷はアップするという浮力のメリットが発揮されます。

水泳はメリットが多く存在

水の特性によりスイミングは年代を選ばずにトレーニングができるので健康増進、病気予防、リハビリテーション効果、生活習慣病予防に役立てるメリットが存在するため正しいトレーニングにより最大限の水泳の運動効果が得られます。

心身機能の維持向上

社会福祉士による専門相談

スポーツソーシャルワーカー

スポーツ活動を取り巻く制度やサービスに関して専門的な知識を活用し相談援助を行い他の機関と連携しながらスポーツ活動を支援する。

行政機関

行政サービスを活用できるかの利用の有無やサービスが存在しない場合の創設や宣伝活動を行いネットワーク構築、行政機関との調整、情報や行動連携を図る。

関係機関

学校・医療機関、福祉施設等と協力しながらチーム体制の構築や医師、福祉従事者、教職員サポートを促しながら関係機関と連携をしながら本人へのアプロ-チを実践する。

家庭・地域

家族や地域社会、友人や仲間等の本人との身近な環境を理解し環境への働きかけを強化し身近な課題を整理することでスポーツ活動の円滑化をする。

国際生活機能分類

ICFのスイミング活用

スポーツソーシャルワークで大切なこと

スポーツ活動をするクライエントの主体性が最優先で考える。
本人の自己決定を尊重し環境との相互作用に焦点を当てることで、本人のストレングスを伸ばし本人のエンパワメントをおこない支援を実践する。
そのためさまざま制度、サービスを理解し個人の情報には厳格に取り扱う必要がある。とても重要なプライバシーと接触することから秘密保持の原則を貫かなければならない。

水の特性を活用したトレーニング

水の特性を生かした水泳トレーニング

スポーツ活動の場

スポーツ活動を実践するうえで環境、とりわけスポーツ活動を実際におこなう場所の重要性が考えられます。ライフイベント等により環境が大きく変わるとスポーツ活動の環境も変わってしまうことからクライエントのライフスタイルに応じてスポーツ活動の場を選定する必要があります。

スポーツと環境

クライアントごとに様々な環境に置かれていることから環境を理解しクライアントが希望するスポーツ環境を実践できるようにスポーツの場、生きがいや人生、地域コミニュティ、健康や福祉、競技等などクライエントのライフプランに合わせた環境構築を支援する必要があります。

社会福祉士のバックアップ

相談支援をフルサポート

スポーツ専門職として最大のパワー

クライエントはスポーツをする人、障害者(児)、高齢者(要支援・要介護)、児童等のスポーツを実践するすべての人々に対して全力で相談援助を実践します。

相談援助支援

クライエントが抱える問題に対しての相談に傾聴し思いに寄り添うことが重要で、その内容から得られた情報を整理し適切な支援が実施できるようにアドバイスを自立したスポーツ活動が行えるように調整をしながら支援をします。

サービス・制度の利用

クライエントと環境の情報収集から関係機関との連絡や調整をおこない必要なサービスが提供されるように介入します。

お申込みフォームメール
水泳指導レッスン
サービスガイド
スイムレッスン
スイムラン学習
レッスンまでの流れ
レッスン受講生募集
レッスンエリア
東京都スポーツ福祉協会
移動外出支援サービス
相談援助支援
スクールレッスン
水泳教室