社会福祉士

相談援助支援

スポーツソーシャルワーカー

社会福祉士

スポーツソーシャルワーカー(Sports Social Worker)

スポーツを実践する過程で様々な課題解決を図るためにスポーツの専門職としての対応をすることで、スポーツ、福祉、教育、医療、行政などと連携することでスポーツケアを実践しスポーツ活動をする本人、環境、社会的なアプローチをする。

スポーツソーシャルワークとは社会福祉士の資格に基づきソーシャルワークの専門性にある価値、知識、技術を共有することである。価値とは人間の尊厳であり、知識とは制度やサービスであり、スポーツの特性や技能であり、技術とは社会福祉の観点からの援助技術である。

スポーツ活動を実践する本人の支援のみならず、取り巻く環境の改善を図ることであるが本人の能力を最大限発揮できるように支援をおこなう立場がスポーツソーシャルワーカーである。

スポーツに関する相談

スポーツ相談

スポーツソーシャルワーカー

スポーツソーシャルワークは、スポーツの専門職として人間の福利(ウェルビーイング)の増進を目指してスポーツ社会の変革を進め人間の行動と問題解決を図り、スポーツ活動を実践する人々のエンパワメントを促し人権と社会正義の原理に基づきソーシャルワークを実践する。

人間の福利(ウェルビーイング)

スポーツと関係する様々な環境を満足のできる状態、福祉、幸福、安寧を促進しスポーツを実践する個々人の人権が尊重され自己実現をおこないクライエントが自分らしくスポーツができるように援助や活動を行うことである。

社会変革を促進

スポーツ貧困、スポーツ差別などスポーツの格差が生じている場合には社会そのものを変えていく必要があることから、政治、政策、制度、サービスなど環境を変革し社会全体がより良い状態になるように働きかけることである。

環境との関係性に働きかける

スポーツを実践することは環境との関りであり、その関りで問題を解決できないで問題を抱えたままで生きていることをソーシャルワーカーが介入し環境を理解し問題解決に向け視線をすることである。

エンパワメント

パアーレスのクライエントに対して自己のストレングスをに着目してエンパワメントを発揮することで自分自身のパワーに気づき社会参加や社会的選択の機会を得ることである。

社会資源の活用

社会福祉士による専門相談

スポーツソーシャルワーカー

スポーツ活動を取り巻く制度やサービスに関して専門的な知識を活用し相談援助を行い他の機関と連携しながらスポーツ活動を支援する。

行政機関

行政サービスを活用できるかの利用の有無やサービスが存在しない場合の創設や宣伝活動を行いネットワーク構築、行政機関との調整、情報や行動連携を図る。

関係機関

学校・医療機関、福祉施設等と協力しながらチーム体制の構築や医師、福祉従事者、教職員サポートを促しながら関係機関と連携をしながら本人へのアプロ-チを実践する。

家庭・地域

家族や地域社会、友人や仲間等の本人との身近な環境を理解し環境への働きかけを強化し身近な課題を整理することでスポーツ活動の円滑化をする。

相談援助サポート

社会福祉士による相談

スポーツソーシャルワークで大切なこと

スポーツ活動をするクライエントの主体性が最優先で考える。
本人の自己決定を尊重し環境との相互作用に焦点を当てることで、本人のストレングスを伸ばし本人のエンパワメントをおこない支援を実践する。
そのためさまざま制度、サービスを理解し個人の情報には厳格に取り扱う必要がある。とても重要なプライバシーと接触することから秘密保持の原則を貫かなければならない。

社会福祉士の活動

スポーツと生活の両立

スポーツ活動の場

スポーツ活動を実践するうえで環境、とりわけスポーツ活動を実際におこなう場所の重要性が考えられます。ライフイベント等により環境が大きく変わるとスポーツ活動の環境も変わってしまうことからクライエントのライフスタイルに応じてスポーツ活動の場を選定する必要があります。

スポーツと環境

クライアントごとに様々な環境に置かれていることから環境を理解しクライアントが希望するスポーツ環境を実践できるようにスポーツの場、生きがいや人生、地域コミニュティ、健康や福祉、競技等などクライエントのライフプランに合わせた環境構築を支援する必要があります。

社会福祉士のバックアップ

相談支援をフルサポート

スポーツ専門職として最大のパワー

クライエントはスポーツをする人、障害者(児)、高齢者(要支援・要介護)、児童等のスポーツを実践するすべての人々に対して全力で相談援助を実践します。

相談援助支援

クライエントが抱える問題に対しての相談に傾聴し思いに寄り添うことが重要で、その内容から得られた情報を整理し適切な支援が実施できるようにアドバイスを自立したスポーツ活動が行えるように調整をしながら支援をします。

サービス・制度の利用

クライエントと環境の情報収集から関係機関との連絡や調整をおこない必要なサービスが提供されるように介入します。

お申込みフォームメール
水泳指導レッスン
サイドメニュー
スイムラン学習
レッスンまでの流れ
レッスン受講生募集
レッスンエリア
東京都スポーツ福祉協会
移動外出支援サービス
相談援助支援
水泳教室